Vana'daily

Vana'diel 一人旅の日々.ばなでいり.

ミッション

アトルガンミッション40「紐解ける理」

あれ?意外に小さい??と逆にビックリするのだった。

アトルガンミッション39「連合の混迷」

聖皇と天蛇将の恋愛事情、などとバカな妄言を言っている場合では無いのだった。

アトルガンミッション38「戦乱の兆し」

アン王女(O・ヘプバーン)かな・・・と、かなり残念に思うのだった。

アトルガンミッション37「修羅の道」

彼女の素顔も見え隠れし始めるのだった。

アトルガンミッション36「天狗の慧眼」

また、冒険者は一人になるのだった。

アトルガンミッション35「亡国の遺産」/コルセア取得クエスト「海鳥は賽を振る」その3

二人目のござるはやっぱりござるでござったでござる。

アトルガンミッション33「砂上の楼閣」/34「山猫の皮算用」

急に大人びた気がするのだった。

アトルガンミッション32「逢魔が時」

イヤなミッションタイトルだなーと思わずに居られないのだった。

アトルガンミッション31「暗雲の去来」

公式ネタバレ良くない!と、心底思うのだった。

アトルガンミッション30「海賊の利」その2

現実は冷酷なのだった。

アトルガンミッション30「海賊の利」/クエスト「昇進試験~一等傭兵」

囚われの姫君とは程遠い現実なのだった。

アトルガンミッション29「少女の傀儡」その2

え?うそ??色々最悪なんですけど・・・と暗い気分になるのだった。

アトルガンミッション28「古寺の所縁」/29「少女の傀儡」

魔笛って何なの・・・と混乱するのだった。

アトルガンミッション26「魔蛇の封蝋」/27「貴人の失踪」

社長! 頼む・・・!!と念じずにいられないのだった。

アトルガンミッション25「運命の歯車」

あれ?アッサリと引き下がるの??と驚くのだった。

アトルガンミッション23「宴遊の終幕」/24「悪魔と悪鬼と」

ちょっと同情するのだった。

アトルガンミッション22「特使の御楯」その2

悪魔の怒りはボス戦よりも怖いのだった。

アトルガンミッション22「特使の御楯」

とことんツいてない!とため息が出るのだった。

アトルガンミッション21「千古の渦紋」

ダレカタスケテ・・・と思わず天を仰ぐのだった。

アトルガンミッション20「茶屋の厄難」その2

衝撃あるいは笑劇の展開が待っていたのだった。

アトルガンミッション20「茶屋の厄難」

姫よいずこに?と彷徨うのだった。

アトルガンミッション19「遇人の内懐」その2

どんな設定なのか気になっていたが、世間を知らないお嬢姫なのだった。

アトルガンミッション19「遇人の内懐」

デ、デターーーーーーーーーーッ!!!!!!!と、思わず笑ってしまうのだった。

アトルガンミッション17「賓客の資格」/18「泡沫の宝冠」

ワンマンブラック企業ここに極まれり!と滂沱の涙を流すのだった。

アトルガンミッション15「漆黒の柩」/16「幽冥の海賊」

門前払いをくらうのだった。

アトルガンミッション14「海豚の紋章」/コルセア取得クエスト「海鳥は賽を振る」その2

すっかり忘れてたwと思うのだった。

アトルガンミッション13「亡国の墳墓」その2/星唄ミッション2-8「咎人を追え」/2-9「浄化の光」

あこれダメな奴だ、と直感するのだった。

アトルガンミッション12「無手の傀儡師」/13「亡国の墳墓」

ヒロインとの邂逅を果たすのだった。

アトルガンミッション10「星気の笛音」/11「双蛇の謀」

迷宮っぽいとこ来たけど・・・お預けを食らうのだった。

アトルガンミッション8「傭兵のつとめ」/9「聖跡の巡視」

久々に迷宮っぽいとこキターと感激するのだった。