Vana'daily

Vana'diel 一人旅の日々.ばなでいり.

アトルガンミッション43「蒼獅子の最期」その2

思いがけない聖皇のお出ましなのだった。

アトルガンミッション42「巨人の懐へ」その2/43「蒼獅子の最期」

衝撃の最期なのだった。

アトルガンミッション41「審判の光」/42「巨人の懐へ」

冒険者を阻む者は、やはり彼女らなのだった。

アトルガンの秘宝 総集編3「発動編」

悲しい、と思いながら日記を読み返すのだった。

アトルガンの秘宝 総集編2「接触編」

なるほど、と言いながら日記を読み返すのだった。

アトルガンの秘宝 総集編1「立志編」

ほうほう、と言いながら日記を読み返すのだった。

閑話休題6

おーわったーあーぁーーー。

閑話休題5

おーわーらーなーいーーー。

閑話休題4

図っていた訳でもないけど、気がつけば前回から丁度1か月。

閑話休題3

だれ・・・とく・・・。

閑話休題2

誰得の続き。

閑話休題

誰得なんだけど、ゲームプレイの感想の続き。

祝FF11 20周年!(1か月遅れ)

生きてます(笑)

アトルガンミッション40「紐解ける理」

あれ?意外に小さい??と逆にビックリするのだった。

アトルガンミッション39「連合の混迷」

聖皇と天蛇将の恋愛事情、などとバカな妄言を言っている場合では無いのだった。

アトルガンクエスト「詠うは誰そ彼の」

悲喜コモゴモなのだった。

アトルガンミッション38「戦乱の兆し」

アン王女(O・ヘプバーン)かな・・・と、かなり残念に思うのだった。

アトルガンミッション37「修羅の道」

彼女の素顔も見え隠れし始めるのだった。

アトルガンミッション36「天狗の慧眼」

また、冒険者は一人になるのだった。

アトルガンミッション35「亡国の遺産」/コルセア取得クエスト「海鳥は賽を振る」その3

二人目のござるはやっぱりござるでござったでござる。

アトルガンミッション33「砂上の楼閣」/34「山猫の皮算用」

急に大人びた気がするのだった。

アトルガンミッション32「逢魔が時」

イヤなミッションタイトルだなーと思わずに居られないのだった。

アトルガンミッション31「暗雲の去来」

公式ネタバレ良くない!と、心底思うのだった。

アトルガンミッション30「海賊の利」その2

現実は冷酷なのだった。

アトルガンミッション30「海賊の利」/クエスト「昇進試験~一等傭兵」

囚われの姫君とは程遠い現実なのだった。

アトルガンミッション29「少女の傀儡」その2

え?うそ??色々最悪なんですけど・・・と暗い気分になるのだった。

アトルガンミッション28「古寺の所縁」/29「少女の傀儡」

魔笛って何なの・・・と混乱するのだった。

アトルガンミッション26「魔蛇の封蝋」/27「貴人の失踪」

社長! 頼む・・・!!と念じずにいられないのだった。

アトルガンミッション25「運命の歯車」

あれ?アッサリと引き下がるの??と驚くのだった。

アトルガンクエスト「天駆ける剣」

あれ?なんか凄くイイ感じ?とトキメクのだった。